最近は何かとスタンディングスタイルがトレンドのようで、ヨーロッパのようなバールスタイルだけに留まらず居酒屋でもそれが増えています。

人件費が削れるというのは店主の言い分ですが、確かにセルフサービスに近いスタイルはサービス云々は抜きにして楽しい気もします。

その分料金が安ければ尚更私達にとっては有り難く、財布の心配は少し減りました。

客である私達にはもっとメリットがあります。

これはそれほど酒が強くない私のような客に当て嵌まるメリットだと思いますが、立ち飲みの居酒屋だと不必要に長居することが少ないのです。

座ってしまうとついつい帰るのが面倒になるものですが、適量だけ飲んで美味しいつまみがあればだいたい二時間弱、飲み過ぎる事無く帰路に着けるのが何とも健康的だと思いませんか?

会社終わりのサラリーマン、仕事でのストレスから愚痴っていると何時間あっても足りません。

飲み過ぎて翌朝頭が痛い、そしてまた仕事でやらかす、そんな悪循環が減りました。

以前は終電間近の混み混みの車輛で辟易したものですが、今は早ければ9時前には自宅に到着です。

普段使いの居酒屋はこんな感じがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です